キューバの宿のおすすめはカサ!どんな所?

キューバ-CUB-
スポンサーリンク


 

こんにちは!

 

まさみんくるです!

 

 

今回はキューバの宿泊施設で最も有名な CASA (カサ) を紹介していこうと思います!!

 

衛生面や安全面を考慮してホテルを取るのもいいですが、キューバにきてカサに泊まらないのは勿体ないです!

 

どんな所なのか、魅力など紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

CASAとは?

 

CASA(カサ)とはホテルとは違い、キューバの民泊のこと。

 

Airbnbを利用したことがある方はわかりやすいですね。

一般人がホストですが、変な人はまずいません。

 

 

このドアのロゴマークがその民家がカサであることの印です。

 

行ってみてわかるのですが、キューバの家はカサだらけです笑

 

道歩いてここもカサここもここもここもカサ!!!ってのがよくあります。

 

 

ロケーションにもよるのですが、カサは非常に安いです。

僕は今回、ハバナ3泊トリニダ2泊をカサを利用したのですが、合計1万行ってないです。

 

まぁバックパッカーの人的には全然高いと思いますが、一般の方の旅行的には十分ではないでしょうか!

 

社会主義の為、働いてもほとんどを税金で持って行かれてしまうキューバの方達。

 

月給は2000前後らしいです。 非常に大きな収入源ですね。

 

予約の仕方

 

CASAに泊まろうと思ったら、現地で色々見て決めるのもいいですが

普通の旅行であれば事前に日本にいる間に予約をした方が無難だと思います。

 

入国証にも宿泊先のアドレス書きますし。

 

CASAを予約する専用のサイトもありますが、僕はAirbnbの利用をおすすめします。

 

理由としてはAirbnbは

  1. ブラウザだけでなくアプリもある
  2. ポイントが貯まる為、他の海外旅行時に使える
  3. 初回利用時は付与されたポイントで大幅に安くなる
  4. 視覚的にも操作しやすい
  5. 日本語に対応している
  6. お金のやり取りはAirbnbを通してのみ

だからですね(多い)

CASA利用時の注意点

僕は今回、キューバで民泊して注意してほしいことが1つあります。

それは

 

言語の壁

 

です。

 

Airbnbではホストとやり取りする際に、ホストは何語を話せるのか物件に書いてあります。

 

キューバはスペイン語圏で、もしスペイン語を話せるという方はこの項目は飛ばしてください笑

 

 

僕は今回、スペイン語だけでなく英語を話せるホストがいる物件を選びました。

 

しかし実際行ってみると英語を話せる人はおらず、コミュニケーションが難しかったです。

 

また、最後のチェックアウト時に無料だと思っていた水がまさかの有料で、仲良くできていたホストだけに少し後味が悪かったです。。。

 

実際に泊まったカサを紹介!

 

in ハバナ

 

僕がハバナで泊まったカサはこのあたりにあります。

主な観光地の旧市街地までは結構アクセスは悪かったのですが、内装の綺麗さと値段の安さが決め手でした。

 

値段は1泊1人2000円弱。

 

 

内装はこんな感じ。

家具の雰囲気や見た目的に良さそうだなと思いました。

 

 

寝室

洞窟っていうか隠れ家感がありました。

 

 

私物散らかっててごめんなさい笑

赤リュックは僕のです。 旅行時はいつもリュック1個。 スーツケースは必要なし。

 

 

こういうインテリアもいいですよね。

 

 

二階への階段にいつもいる猫。

海外では犬猫には衛生的に触れない方がいいです。

 

 

この他にも、シャワールームも綺麗でいい感じでした。

ただキューバはシャワーが硬水(?)で、髪の毛がゴワゴワになる…

 

また、この宿では朝ごはんがオプションで、毎食500円で頼めました!

こんな感じ。

 

卵にハム、パンケーキ。

左のカゴにはパンが入っています。

右側のピンクのはスイカジュースだったかな?

青のボトルにはコーヒー。

真ん中のボウルにはパイン、スイカ、パパイヤ。(パパイヤは多分日本人の口には合わないです)

牛乳瓶みたいなやつはとろみが強いヨーグルト。

 

十分お腹いっぱいになりました!

ホテルではこういう家庭的なもの食べれません。

 

 

2日目の朝食。

ソーセージが加わり、苦手で残したパパイヤがスイカとパイン増量で調整されていました!

スーパーホスト!!!

 

 

キューバはレストランなど、ご飯が美味しくないので

こういった家庭的なものを食べた方が値段的にも美味しさ的にもいいです。

 

家によっては夕飯も出しているところもあります!

 

旧市街地の方へ向かうには、少し歩いてフェリー乗り場まで行き、フェリーに乗るかローカルバスで向かうかです。

僕は両方使いましたが、両方とも観光客というよりは地元の人たちで溢れていて、現地の空気に触れることができました。

 

in トリニダ

 

トリニダで泊まったカサはここです。

 

ここの宿を選んだ決め手は、まずはトリニダへの中心地の安さ。そして内装のモダンさです。

 

1泊1人2000円ちょい(朝ごはん込み)

 

部屋からの景色。

トリニダはハバナと比べて、天気が素晴らしい!!

 

 

 

カラッとしててとても過ごしやすい。

僕はこの洗濯ひもに自分のパンツを干させてもらいました笑

 

初対面のゲストのパンツを干してくれたおばあちゃん。

 

内装はキューバに似合わないモダンさ。

キューバは建物の外観は勝手に変えてはダメなそうで、(社会主義的側面かな)

 

洗面所もすごい綺麗。

シンガポールの近代的だった部屋みたい。

 

ここのカサの朝ごはん。

 

 

食べかけで申し訳ない笑

 

飲み物なんだったんだろう!

グアバジュースだったかな? 一番美味しかった!

 

2日目の朝食はパインジュースでした。

 

この日、朝6時半に出る予定だったのですが、快く朝早い時間にも準備してくれました。

 

先ほども言ったのですが

トリニダは天気の良さに加えて夜は明かりが少ないので、星がよく見える。

 

 

サクッと撮ってみたのですが、とても綺麗でした。

 

まとめ

 

キューバのカサ、どうでしたでしょうか??

住民の方と接せて、美味しいご飯も食べれます。 そして安い。

 

キューバに行った時はホテルだけでなく、民泊も試してみてください!!

 

キューバは民泊の特殊さだけでなく、ネット環境も特殊です。

ポケットwi-fi使用不可で、一部のエリアしかwi-fiは使えない

欧米からの観光客は多いのですが、日本人旅行者は少なく、ネットの情報も少ないので

より良い旅のために情報誌を持って行くべきです!

 

また先ほどの通り、キューバはスペイン語で、英語を話せない人も多いです。


トラブル防止のためにも是非!指さしシリーズは旅行者の中でも大人気本です!

 

キューバ旅行に行くときの必須な情報誌はこちらでまとめています!

キューバに旅行行くなら絶対読んでおきたい本はこれだ!!
キューバに実際に行った私がキューバに持っていった本や日本にいる間に読了した本を紹介します!!キューバは他国と違ってネット環境が脆弱なので、紙ベースの本や雑誌が必須なのです!!

飛行機は暇で、現地ではネットはほとんど使えないので是非!

 

キューバ🇨🇺旅行の他の情報も紹介しています!!

大学卒業キューバ旅行!10日間の旅行記録と必須知識、総評!
大学卒業旅行として選んだキューバ。全10日間の全体の旅行の流れ、キューバ旅行に必須の知識、そして旅行を終えての総評。気になった記事に飛んでいただけるようにそれぞれにリンクを貼っています。「大学生でなんでキューバなんかに?」答えはここに!!!


Amazonの無料体験。飛行機内でも楽しめるのでオススメです♪


↓ブログ更新の励みに!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ
にほんブログ村


キューバ-CUB-
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさみんくるの旅行記

コメント

  1. […] キューバの宿のおすすめはカサ!どんな所? […]

  2. […] キューバの宿のおすすめはカサ!どんな所? […]

  3. […] キューバの宿のおすすめはカサ!どんな所? […]

  4. […] キューバではホテルよりもカサに泊まる人が多いと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました