那覇市街地の滞在エリアのオススメは??

那覇
スポンサーリンク

 

 

こんにちは

 

まさみんくるです!!

 

今回は大学生活で何度も沖縄に行ってる私が、那覇市街地でのオススメの滞在エリアを

 

3つのメリット

 

と共に紹介しようと思います!!

 

 

 

僕が言う那覇市街地というのは、国際通りや県庁があるエリアで

誰しもが必ず行くと行っても過言ではないエリアです。

 

 

初めて那覇に行くって方でもわかりやすく説明していこうと思います!

スポンサーリンク

オススメの滞在エリア

もし那覇の国際通り周辺で滞在しようと思っているのであれば、オススメは

 

この旭橋駅の周です!

 

メリットは3つあります。

  1. 国際通りに近い
  2. “空港”までいける旭橋駅が近い
  3. バスターミナルが近い

 

この3つですね。

1. 国際通りが近い

国際通りは、上記の地図でポイントから右上に伸びる通りです。

 

国際通り沿いには様々な店が並びます。

お土産屋、居酒屋や軽食なども含めた飲食店。

 

ホテルにチェックインしてご飯を食べにいこう、ふらっと外に出ようという時に

タクシーなどを使う必要もなく行くことができます。

 

 

実際に僕はいつも居酒屋で泡盛、シークワサーサワーをたくさん飲んでもすぐ歩いて帰れるので

非常にメリットに感じます笑

 

また、お土産などたくさん買って荷物が多くても、すぐ帰れるのでいいですよ

2.  “空港”までいける旭橋駅が近い

僕は那覇空港に着いたらゆいレールに乗って市街地の方へ出ます。

また、帰りも同じでゆいレールで帰ります。

 

*ゆいレールは沖縄のモノレールです*

初めて那覇空港に着いた!って人も、案内に従っていけば大丈夫です。

路線図も単純です。

 

 

 

那覇に着いてとりあえず早くチェックインしたい!帰りの飛行機が朝早い!

という時でも対応できます。

 

ゆいレールでは空港までの所要時間も短くて快適です。

 

 

タクシーで空港まで行くってのもいいですが、料金も高いですよね。

僕は学生なので移動費にはなるべくお金をかけたくないです。

 

 

それに香港行った時、帰りの空港へのタクシーで

道路渋滞がひどくて乗れなかったこともあるので

 

あまり帰りの空港へのタクシーは好きではないです笑 (と言うか悪いイメージしかない)

3. バスターミナルが近い

 

僕は久高島という離島に行ったのですが、フェリー乗り場までバスで行きます。

そのバスが旭橋駅のすぐ周辺です!

 

また、以前美ら海水族館の方へ行った時も、

旭橋からすぐ近くの”県庁前”から発車するバスに乗りました。

 

那覇に着いた初日は国際通り周辺に滞在して、

次の日はバスで北上して綺麗な海や美ら海水族館に行く!!

 

と言う人にも是非、このエリアをお勧めします!

デメリット

しかし、1点デメリットを挙げるとしたら

 

リゾート感はない

 

 

ですかね。

 

でもまぁこのあたりに滞在するというかたは、リゾート感は求めていないと思いますが。

人工的な雰囲気ですもんね。

最後に

最後に僕がよく使うホテルを紹介しようと思います。

 

 

見てわかる通り、

旭橋駅や

国際通り (地図上右上に続く一本道)

バスターミナル (若干下に”那覇バスターミナル”と見えるとおもいます)

 

に近いです!

 

値段も季節によると思いますが、朝食付きで5000円弱とかで泊まれました。

部屋も綺麗なのでよく使っています。

 

沖縄での観光を楽しみたい!という方にオススメの本をいくつか紹介します!

これはTRANSITという情報誌で、私も実際に買った本です。

少し高いのですが、沖縄本島だけでなく周囲の離島、さらには私も好きな香港についても載ってて、非常にボリュームがある情報誌でオススメです!

 

これは地球の歩き方の国内、沖縄版ですね!

安定の地球の歩き方。旅行に行くときはいつも買って持っていきます。

 

メジャーなところばかりでなく、もっと沖縄を楽しみたい!という人は

こんなランキング本もAmazonで非常に人気があり、オススメです!

 

以上!

沖縄那覇市街地でのオススメの滞在地、旭橋駅周辺の紹介でした!

 

よろしければ参考にしてください!

 


Amazonの無料体験。飛行機内でも楽しめるのでオススメです♪

↓ブログ更新の励みに!ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ

にほんブログ村


那覇
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさみんくるの旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました