都内桜名所・千鳥ヶ淵 ボートに乗って桜が見れる!

小旅行
スポンサーリンク

 

ボートに乗りながらを見れる名所、千鳥ヶ淵に行って参りました!

 

都内で綺麗な桜が見れて、かつプラスアルファでボートを漕ぐこともできます。

 

 

外国人旅行客も増えて、観光スポットとして確立しているなという印象を受けました。

 

ボート乗り場の場所や、この時の混雑具合、そして感想を撮った写真と共に書いて行こうと思います!!

 

 

 

 

また、この日は皇居の本来公開されていない通りなどが公開されていたりして、その様子も合わせて紹介しようと思います。

 

 

スポンサーリンク

千鳥ヶ淵の場所は?ボート乗り場はどこ?

 

 

駅からボート乗り場までの道のりを詳しく書いて行こうと思います。

 

行ったのは2018年3月末。

 

今年は寒暖差が激しく、直前に気温が一気に上がったりで桜が散るのが例年より早かったそうです。

 

また、僕は行きませんでしたが、春季は期間限定で夜にライトアップもやっています!

特別に夜もボートに乗れるので、その時間帯に行くのもいいですね。

 

千代田区の公式のページはこちらから!

 

 

 

まず千鳥ヶ淵自体の場所はここです。皇居、武道館のすぐ近く。

 

桜に興味のない方でも、皇居や武道館の近くといえばイメージが沸くのではないでしょうか。

 

ここ一帶、水路?水堀?と合わさって桜が非常に綺麗です。

 

 

僕は九段下駅を使って行きました。

 

この辺りはたくさんの駅があるので、自分の行きやすい駅からどうぞ。

 

 

九段下駅につき、まずは武道館付近の出口から地上に出ます。

 

 

地上に出たところの景色。

 

僕は2週間前に大学の卒業式でも武道館に来ていたのですが、その時の景色とは全くの別物でした!

 

すでに観光客でいっぱいの道を歩きます。

 

 

向かうボート乗り場はここです。

 

千鳥ヶ淵ボート場。

 

注意なのですが、九段下駅から行く場合、武道館の前を通る通りではなく、外から回るようにしてください!遠回りです!

 

 

 

水堀に沿って回って向かいます。

 

向かっている最中の写真。

 

 

写真の通り、左手に水路が見えるように沿って進んで行きます。

 

通りは桜でいっぱいで、春を感じざるを得ません。

 

久しぶりにこんなに桜が咲いている所歩いた。

 

 

この日は桜だけでなく、空も快晴!!

 

前日か前々日は天気があまり良くなかったので、晴れて良かったです!!

 


桜の白ピンクと若干の緑、そして間から透ける空の青が非常に綺麗!!

 

 

歩いて10分ほどでボート場につきます。

ですが人が多かったから、もう数分かかったかな。

 

ボート場の混雑具合

 

ボート場につきました!

 

当然歩いている最中からわかっていましたが、ボート待ちで行列、、

 

 

わかりづらいのですが、この写真を撮った場所が列の最後尾。

 

前を並んでいた人も外国人だし、本当に多い。 どこから情報拾ってくるんだろう。。

 

 

 

看板持って整理していた人に聞くと、1時間待ちだとか。

 

でも1時間くらい行けますよね。ディズニーとかに比べたら全然マシだし、パンケーキに何時間もかける人がいる国ですよここは。

 

 

色々な他のサイトを見ると、混雑していないのは朝だとか、お昼時だと書いてありました。

僕はちょうど昼過ぎに行ったのですが、正直そんなに変わらないと思います。

 

3月で朝はまだ寒いし、昼も人が多すぎて変わらない。

 

 

少し進んだ時の写真。

 

桜綺麗!!

そしてボート多い!!!

 

ボート多すぎて気が沈むと思うかもしれませんが、数増やしてくれないと時間が延々とかかるので、そんなこと思いません。

 

 

景色見ていたり、一緒に乗った人はボートの漕ぎ方をYoutubeで見ていたりで、1時間もかかった感じはしませんでした。

 

ボートに乗船!!

 

さぁやっと順番がきてボートに乗ります!

 

料金は30分800円か、1時間1600円。

僕たちは1時間は長いと踏んで30分にしました。

 

オールで漕ぐボートだけでなく、足で漕ぐボートもあります。

そっちは4人とか乗れるし安定しているので、家族連れや、転覆が怖いという方はそっちがいいのかな。

 

 

(同じ写真ですみません)

 

写真向かって左側か右側、どっちに行くか選ぶことになります。

 

1時間で取ったり、ボートに慣れているのであれば両方いけるのかな。

 

でも人が多くてぶつかることさえあったので、両方は難しそう。

 

 

ポイントとしては

 

左側は結構奥行きがあって奥まで行けば他のボートは少なくなる。

しかし、帰りも同じ距離を漕がなければなりません。

 

僕はこっちの方向には行かなかったので、見所があったのか分かりません、、

 

左側の様子。

 

 

こんな感じで奥の方まで続きます。

 

 

さて、僕たちはボート場から出て右側に向かいます!!

 

なぜ右側を選んだというと、並んでいる時に桜筏が見えたから。

 

 

ボート、初めは難しいと思ったのですが、オールの向きとか考えてやって見ると分かってきて面白かった!

正直30分じゃ足りないと思う。

 

一概に桜といっても、ピンクだけでなく、真っ白な桜もありますよね。濃いピンクもありますし。

 

 

この様な水面に桜の葉が浮かんで、敷き詰められている様子を”桜筏”(さくらいかだ)と言います。

この時に覚えた笑

 

綺麗ですよね。みんなこの辺りに集まってくるので、ぶつかることも何度もありました。

 

 

こんな感じですごい至近距離。

 

みんな自撮り棒やらいろんなアイテム持って撮影してた。

 

 

こんな水面の崖付近に、大きな根張れるなんて冷静にすごいよな。

 

 

途中漕ぐ担当代わったりして、ボート場に戻る。 30分あっという間だった。。

 

 

ボートから見たボート乗り場の様子。

花吹雪見えるでしょうか!?!?

 

 

大手町、東京と大都会の中にこんなに綺麗な風景が存在しているっていうのが不思議。

 

だってこの桜が武道館や皇居全部ひっくるめて周りを囲っているんですよ。

 

 

昔は桜なんて全く興味ありませんでしたが、今はいいなと思います。

今回はボートも漕げたので尚更。

 

皇居の一般公開へ

 

次に皇居の方に向かいました。

 

この日は皇居の乾通りの一般公開が行われていました!!

 

 

 

長くなってしまったので、次回の記事に回します!

 

よければ続いてご拝読ください。

↓ ↓ ↓


Amazonの無料体験。飛行機内でも楽しめるのでオススメです♪

↓ブログ更新の励みに!ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ

にほんブログ村


小旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさみんくるの旅行記

コメント

  1. […] 都内桜名所・千鳥ヶ淵 ボートに乗って桜が見れる! […]

タイトルとURLをコピーしました