サンジャポで最近話題の大麻論争について、僕の意見

日常記事
スポンサーリンク


 

お久しぶりです。以前の投稿から一年以上経ちました笑

 

一応一人旅でベトナム行ったり、一眼売ってGopro買って石垣島でダイビングして動画作ったり色々してるんですけど、怠惰が発動して書くのサボってました☺️

 

一年以上記事更新せず放置状態だったのに収益はちゃんと入ってくるもんで、毎月飲み代くらいは稼げてるんですよね。

でも自分が書きたい記事と読まれる記事ってのは別ってことを実感してます。まあこのブログ自体趣味でやってる自己満ブログなのでOKです。

 

 

さあ今回は話題の大麻論争について、現段階での僕の意見を言語化して行こうかなあと思います。

沢尻エリカが捕まったりKAT-TUN田口が復帰したり芸能界を騒がす大麻ですが、実際どうなんだろうと言うことですね。本当に【大麻 = 悪】なのか???

 

注意: 僕は大麻を日本でも海外でもやったこともないし、読者に対し大麻使用を推奨するつもりもありません。

 

これを念頭に読んで頂きたいです。噂だとTwitterとかで冗談でも大麻に限らずMDMAなど違法ドラッグの所持を疑わせる発言でさえ調査対象?処罰対象?になるらしく、そこは明記しておきます。

 

最近友達に大麻について話すと、しっかり情報を知ってる友達には同感されることもあるけど否定的な人が圧倒的に多い。

そしてその理由は【犯罪だから】

【犯罪⇨否定的、悪】で思考停止してる諸君。一度、立ち止まって【何故犯罪なのか?】を考えてみて欲しい。その上で昨今の大麻論争について考えて欲しい。

 

スポンサーリンク

僕の主張

 

まず、僕の主張としては大麻に関しては

日本で今すぐ合法化しろ!とは断言しないが、議論するべき

です。

 

だってアメリカ(一部の州)やカナダ、オランダなどでは嗜好用大麻は解禁されているし、アジア初で韓国が医療用大麻解禁されてたり、

一部の国で解禁されてる大麻が一様に悪ではないでしょ?

というのが僕の主張のベースです。これが殺人とかだったらもう一様に悪だろうけどそうじゃないじゃん。

大麻がどういった物質なのか?人体だけでなく経済レベルでどういった影響をきたすのか?などを要因に加えて、もっと俯瞰的に議論するべきだと思います。

 

 

最近のサンジャポでもホリエモンは合法化に対し賛成、もっと議論してもいいと発言しましたが、それに対し杉村太蔵や西川史子は真っ向から否定。Twitterとかでもバズってましたが、ホリエモンの論理的かつデータを交えた意見に対し後者二名は感情論。人が喋ってるのを遮った上でその人の意見を否定すると言う幼稚さ。グルディスでボコられて欲しい。

 

太蔵に限ってはドラッグ使ってる芸能人は自首するべきだいう謎主張。感情でしかない笑 するわけないやん。

 

 

僕は完全にホリエモンに賛成。その通りだと思う。

まず大抵の人(杉村太蔵、西川史子含め)が日本において【大麻 = 違法ドラッグ】だから合法化に反対したりネガティブなイメージを持つと思う。

 

でもご存知だろうか、【酒、タバコもドラッグの1種であり、体への害や依存性は大麻以上にある】と言うことを。

 

知らなかった人がほとんどだろう、まずはこれについて説明します。

ちなみに僕はタバコは吸わない、酒も飲み会の時それもほぼハイボール(筋肉にまだマシだから)のみ🤔

 

酒、タバコと比較した大麻の有毒性

 

薬物依存症をwikipediaで調べたときの情報を一部抜粋する。

例外化されているタバコとアルコールは、最も公衆衛生上の被害をもたらしている薬物依存症の原因となる物質であり、規制されている薬物と同等の依存性を持つ。そして依存してから半分の人々が依存を脱している期間は、ニコチンで26年、アルコールで14年、大麻で6年、コカインで5年である。

引用: 薬物依存症 Wikipedia , グラフはDevelopment of a rational scale to assess the harm of drugs of potential misuse

ある芸能人がテレビで大麻がアルコールより依存性が低いなんてありえない!!と発言していましたが、今すぐ訂正したほうがいいですね笑

グラフを見て分かる通り、

身体的な有害性、依存性共に大麻の方が酒、タバコより軽度である

酒タバコどちらかを嗜んでる人がもし大麻に対して有害性を主張したら、矛盾していることを教えてあげましょう☺️ 刷り込みって怖いですねえ。。。

 

 

加えて、使った本人だけでなく他人への害はどうなのか?

ヘレン・クラーク元ニュージーランド首相が発表した世界薬物政策委員会(GCDP)のリポートについての記事を抜粋する。

アルコールは、交通事故や家庭内暴力といった他者へのリスクが高いのですが、規制はそれほど強くありません。たばこは喫煙者への害の可能性はもちろん、受動喫煙や子どもの呼吸器への影響といった他者へのリスクもあります。他方、大麻はそれほどリスクはありません。

世界保健機関(WHO)はようやく昨年、大麻の医療効果を認め、大麻と関連物質について規制対象リストを見直すよう国連に勧告しました。

引用: 「アルコールやたばこ、大麻より有害」と指摘した国際NGOリポートの中身

グラフの画質が荒いのだが、説明すると紫色のマス目は使用者本人への害、赤は他人への害を表しており、アルコール(1番上)、たばこ(上から6番目)は、大麻(同8番目)より有害だと示しています。

 

受動喫煙のイメージからタバコばかり他人への害がクローズアップされがちだけど、アルコールの方が実は害はずっと高い

振り返ってみれば酒で何かやらかしても許されてしまうみたいな風潮が多少はあると思う。公共の場で他人に迷惑かける場面も多く見ると思う。

重大な場面、例えば交通事故で言えば、飲酒運転による死亡事故率は「飲酒なし」と比較すると約8倍と極めて高く、飲酒運転による交通事故は死亡事故につながる危険性が高い

冷静に考えてお酒によって人格が変わって暴力的になったりとお酒って実はなかなかにヤバいドラッグてのが分かると思う笑

 

とにかく【酒タバコより大麻のほうが有害】という意見は間違っていることは明白。

 

大麻使用時の効果、医療面での効果も

 

僕は大麻について使ったことがないので完全に他者からの感想となってしまうけど

よくめちゃくちゃリラックスすると言うのはよく聞く。

興味深かったTwitterのツイートを引用する。

続きもあるので是非見てね笑

1個人の体験なので全員に当てはまるわけではないけど、大麻はリラックスするだけでなく感覚が鋭敏になるともよく言う。

この漫画の続きに大麻を使用した後に飲んだココアがこれまで感じたことないくらいに美味かったというのも味覚が鋭敏になっているからだろう。俺も馬鹿みたいに美味く感じる普通のココア飲みてえ〜

 

個人的に面白かった話がある。

お酒は判断能力を鈍らせるので、例えば夜のクラブで出会った人とそんなつもりなかったのに酔っ払って〜みたいなことがお酒の場合あると思う。しかし大麻の場合、逆に鋭敏になるので誘われても突っぱねるという…

現にそういう人を見たわけではなく聞いた話だけど面白い。

 

あとは大麻を使用すると非常にリラックスするだけでなく思考力が高まり想像意欲が沸くので、駆け巡る思考の中でハッと思いついたことをメモしたり…面白い…

 

 

あとは大麻と言っても医療用大麻嗜好用大麻ってのがあり、国によって両方禁止、医療用のみ合法、両方合法と様々。どちらも物は同じなんだけど、医療用は合法なのに嗜好用が禁止なのはきっと医療用大麻が売れなくなるからかなあ。

 

タイとか韓国では医療用大麻は解禁されてるの、実は知らない人多いんじゃないかな。

実際にうつ病患者に対し大麻が有効だったり、医療面での有効性はとっくに立証されてます。

 

 

さぁそろそろ大麻に対して完全否定的思考だった人も考え変わってきてるかな☺️??

別に僕は使ったこともないし日本で私用の為に合法化して欲しいとも思わないけど、もっと柔軟な考えをみんなに持って欲しいと思いますん😌

 

大麻が解禁されることによる経済的メリット

 

あとは大麻が解禁されると地下経済(アングラ)にお金が回らなくなるというメリットもある。

芸能人をはじめ多くの人が何らかのルートで大麻を入手していることは明白であり、これを合法化すれば地下経済に回さないようにできる。そして酒税やタバコ税のように税金として回収することも可能である。

 

アメリカでは一度禁酒法によってマフィアなどアングラで酒が回ってしまい、結局禁酒法を取りやめるということが実際にあった。

 

何でもかんでも禁止にすればいい。より厳罰化すればいいというのは稚拙な考えだと思う。

だってやる人は厳罰化されようとやるじゃん。

 

この間のサンジャポで、「大麻の利用者が覚醒剤などハードドラッグに移行する確率が高い」というワンフレーズがあった。僕的にはこれを聞いて、は?と思ってしまった笑

 

大麻の利用者が覚醒剤などに移行する???

 

サンジャポでもあったこのフレーズ。これは本当なの?日本の話??

 

ちなみに

【アメリカ、カナダなど大麻が解禁された後に覚醒剤利用者が増えたというデータは一切ない

 

僕が思うに日本など大麻が禁止されている国において、大麻所持で逮捕された人が覚醒剤なども併せて使っていたというのは十分にあり得ると思う。

だって日本で違法とされている大麻を使ってしまうような判断能力じゃ同じく違法な覚醒剤とかにも手出しそう。ってパッと思ってしまう。

 

あとは大麻だって酒タバコより依存性は低いけど一応ドラッグではあるし、依存症は存在する訳で大麻依存して同じく違法なドラッグに依存してしまうというのも考えられる。

 

 

 

どっちにしろ大麻が覚醒剤の入り口になるんじゃなくて、酒だろうとタバコだろうとギャンブルだろうと依存症に陥る傾向がある人は他の依存症にも陥りやすいというデータはあるし、個人の問題だと思う。

 

とにかく、

大麻が解禁された国で覚醒剤の使用率が上がったというデータはない

ので、大麻解禁に対する否定理由として覚醒剤を挙げるのはお門違いなわけです。

 

日本人が海外で大麻利用したら犯罪??

 

結論から言うと、犯罪ではない。

大麻利用がその合法な国内で完結していれば問題ない。もし日本に持ち込んだりしたらその瞬間犯罪になる。

 

国外犯だ!みたいな声が出るかもしれないが、国外犯は処罰することが二国間両方のメリットに繋がる場合のみ。例えば日本人が嗜好用大麻が合法のカナダで利用したとして、カナダにおいては違法性がなく、その日本人を処罰することにメリットがない。

したがって国外犯ではない。

国外犯はハイジャックみたいな両国において違法性があることが条件。

 

 

従って、合法な国で利用する分には後ろめたさなく利用して良いと言うことになるのだ。

 

まとめ

 

以上が僕が大麻に対して

日本で今すぐ合法化しろ!とは断言しないが、議論するべき

と主張する理由でした〜。

 

大事なのは違法=悪で思考停止しないで、一度俯瞰的に考えること。

 

 

こないだのサンジャポは本当に酷かった。。。

ホリエモンがいくら論理的に話しても感情論でしか喋れない人間には通じない。見ていて可哀想だった。

 

そんなこんなで一度言語化してみたかったけど、結局大麻解禁に対し肯定的意見を出す人はみんな同じような意見なんじゃないかな。

まあこの日本じゃ当分解禁なんてありえないだろうね。解禁されてから初めて大麻の有能性や酒タバコの方が有害というデータがTVとかで報じられるでしょう。

 

 

 

春休みアメリカかカナダ行こうかな。。でも一人は流石に東南アジア一人旅とは訳が違うから厳しい。うーーーーーーん🤔

 

 

てか沢尻エリカが逮捕されたからって、タイヨウのうた配信停止するの酷くないですか!?あれは神曲…😭

 



Amazonの無料体験。飛行機内でも楽しめるのでオススメです♪


↓ブログ更新の励みに!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 学生トラベラーへ
にほんブログ村


日常記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさみんくるの旅行記

コメント

タイトルとURLをコピーしました